亜麻の花を初めて見ました♪  〜儚げで美しい青い花〜

亜麻の花を初めて見ました♪  〜儚げで美しい青い花〜

一昨日は、万能ハーブと言われる「ホーリーバジル」について書きましたが、今日は一緒に仲間入りした「亜麻」について。

1.「もぐらとずぼん」という絵本

たくさんハーブが並んでいる中に、すらりと背が高く、儚げな青い花を咲かせている「フラックス」がありました。そういえば、フラックスオイルって聞いたことあるかも・・・と思い出していると、別名は「アマ」でリネンやハーブとして利用される、とありました。

そこで思い出したのが、子供の頃好きだった「もぐらとずぼん」という絵本です。

ずぼんを手に入れるためにもぐらが育てたのは、アマだったということを突然思い出しました。確かに絵本の花も青かったように思います。大好きで何度も読んでいた頃から、うん十年後、初めて亜麻の花を見ることができました♪

懐かしくて、また読んでみたくなりました。

2.亜麻色の髪の乙女

ところで、「亜麻」と聞いてまず思い出すのは、「亜麻色の髪の乙女」かもしれませんね。

ドビュッシーとか、ヴィレッジシンガーズとか、島谷ひとみとかがパッと浮かびますが、実はもっと昔から知っていたことに気づきました。アニメで見た「リボンの騎士」のサファイアが変装していたのが、「亜麻色の髪の乙女」だったのです。

コトバンクによれば、亜麻色とは、アマのつむいだ糸の色で、黄色がかった淡い褐色。そういえば、そのような髪の色だったかな。(色は忘れてしまいました。)

亜麻色|コトバンク

亜麻色をよく知らないくせに、何だかロマンティックな感じがするのは、やっぱり「乙女」という言葉と結びついているからかもしれませんね。

3.アマニ油

あと、オメガ3摂取のために、毎日少しずつ使っている「アマニ油」。これも亜麻から取っているものだったんですね。

ということは、アマニ油とフラックスシードオイルも同じものだったんですね。これも知りませんでした。

儚げでか弱そうな亜麻の花。でも、意外と寒さにも強いようで、毎朝次々に花を咲かせています。元気に育って増えてくれるとうれしいです。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)