兵庫県三木市にコウノトリ♪

兵庫県三木市にコウノトリ♪

今朝の新聞で、三木市志染町窟屋の田園地帯でコウノトリが確認されたのを知りました。

神戸新聞NEXT|三木|三木で10年ぶりコウノトリ確認 徳島生まれ

徳島県鳴門市で3月に生まれ、6月に巣立った雌の幼鳥で、四国以外での目撃情報は初めてということです。四国から本州まで、がんばって飛んできたんですね。

私の住んでいる神戸市西部の上空も飛んでいるかもしれないと思うと、とてもうれしいです。
ときどき空を見上げてみようと思います♪

実は、一度はコウノトリを見てみたいと思い、次回豊岡に行く際には「コウノトリの郷公園」に行ってみようと思っていたところでした。

兵庫県立コウノトリの郷公園

HPに「コウノトリ飛来時の対応パンフレット」というものがあり、コウノトリを見分ける際の特徴が載っていました。

0_表紙 – when_ows_flies_to.pdf

コウノトリは翼を広げると2mにもなる大型の鳥で、ツル類やサギ類に似ていますが、色合いや大きさが違うそうです。目の周囲は赤く、くちばしは黒く、羽は白と黒、足は朱~赤色で、首をまっすぐに伸ばして飛ぶそうです。

2015年9月1日現在で、41府県281市町村に飛来しているとか。
秋の空を飛ぶコウノトリ、見れたらいいですね♪

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)