動物園に行きたくなってしまう、王子動物園の広報誌「Habataki」

動物園に行きたくなってしまう、王子動物園の広報誌「Habataki」

今日銀行の待ち時間中に見つけた、王子動物園の無料広報誌「Habataki」。動物園に行きたくなってしまう、素敵な広報誌だなと思いました。

こちらでも見れるようです↓
王子動物園機関紙「はばたき」

「Habataki 2018 winter/spring」の表紙は、去年生まれたふたごのレッサーパンダです。

実を言うと、これまでレッサーパンダをそれほどかわいいとは思っていなかったのですが、こちらを見つめるふたごたちのつぶらな瞳がかわいすぎます。この号はレッサーパンダの特集なので、中にもかわいらしい写真がたくさん載っています。

表紙をめくると、大人の動物園講座や動物写真講座、4月の夜桜通り抜けなどのイベントが紹介されています。無料で楽しめる夜桜の通り抜けは何度か行かせてもらっていますが、その他のイベントは初めて知りました。機会があれば行ってみたいです。

続いて、動物たちのお食事タイムや「ゾウのトレーニングタイム」などの定番の催し物、園内の案内図などが紹介されています。

お食事タイムは、ふだんとは違う動物たちが見られるので、押さえておくと良いですよね。でも、パンダは一日に4回お食事タイムがあるのには、びっくりしました。

その他、動物写真コンクールのフラミンゴの親子の写真も素晴らしく、秋に4頭の赤ちゃんが生まれたカピバラファミリーにも会ってみたくなりました。

ふだん動物園に行かない人も、見かけたら一度見てみてくださいね。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)