ミトコンドリアの増やし方!? ~ためしてガッテン「疲れやすい体にサラバ!スタミナUP若返り術」から~

ミトコンドリアの増やし方!? ~ためしてガッテン「疲れやすい体にサラバ!スタミナUP若返り術」から~

ようやく朝晩は涼しくなってきた今日この頃。いかがお過ごしでしょうか。

私は最近、とても疲れやすくなってしまいました。暑さのせいか、年のせいかわかりませんが、何とかしたいと思っていたところ、タイトルの放送があったので、早速見てみました。

見てみると、私はミトコンドリアを増やすスイッチが、完全にOFFになっていたように思います。これからは、ミトコンドリアを増やすよう心がけたいと思います!

忘れないよう、まとめておきます。(ためしてガッテンHP「疲れやすい体にサラバ!スタミナUP若返り術」2015年8月27日放送 を参考にさせていただきました。)

私と同じように、最近疲れやすくなったと感じておられる方も、よかったらお試しください。

0.まとめ

スタミナ=持久力をアップさせるポイントは、細胞の中のミトコンドリアを増やすこと。
年とともに減っていくというミトコンドリアを増やす方法が、紹介されていました。

1.運動で増やす
・少しきつめの運動を1分する
2.食事で増やす
・カロリー制限
・栄養素→タウリン(タコ、イカなど)、ビタミンB群(うなぎ)、(レバー)をとる

1.ミトコンドリアとは?

ミトコンドリアは、食事から得た糖や脂質、呼吸から得た酸素を使って、ATPという物質を作っています。ATPは、体を動かす「エネルギーのもと」。私たちが生きていくために欠かせないもので、スタミナの有無に大きく関係しているそうです。

でも、そのミトコンドリアは、年とともに減っていくらしいのです。どうしたら増やせるんでしょうか。

2.運動で増やす

細胞の中には、「細胞内のATPの量」を監視している酵素があります。ATPが不足すると、酵素の働き(スイッチ)がONになって、より多くのATPを作ろうと、ミトコンドリアが分裂して増えてくれるそうです。

ふつうのウォーキングなどでは、それほどエネルギーを使わないのでATPが不足することはなく、この酵素は働きません。でも、少しきつい運動をすると、この酵素のスイッチがONになるそうです。

少しきつい運動の例として、

インターバル速歩(「早歩き3分→ゆっくり歩き3分」× 5回(計30分)を週に4日以上)

があげられていました。

ただし、時間がない場合は、以下のようなこと1分でもOK。

  • 1分ずつ早歩き
  • エレベーターを使わず階段を上る
  • 家の中でスクワット10回

などでも、スイッチはONになるそうです。

※ 自分が「少しきつい」と思うくらいの負荷をかけるのが、ポイントらしいです。

スイッチは1回ONになると一定時間効果が続き、小まめに繰り返すと、ミトコンドリアが着実に増えて、疲れにくい体になります。

信州大学の能㔟博教授の研究では、1週間に合計60分間積み重ねられれば、以下のような効果があることが分かっているそうです。(番組HPより

1週間後 汗をかきやすくなって夏バテしにくくなる
2週間後 2週間で体重が1キロ減少 *太り気味の人の場合
1ヶ月後 歩くのがラクになる
2ヶ月後 体が疲れにくくなる

ふつうのウォーキングでは負荷が少ないんですね…。ヨガとウォーキングぐらいしかしていないので、私のスイッチは、完全にOFFになっている気がします。とりあえず、今日から、朝晩スクワットをしてみます。

3.食事で増やす

1.カロリー制限

ミトコンドリアは「カロリー制限」や、「空腹感を感じる」ことでも増やせるそうです。「長寿遺伝子」というものが働くためだと考えられています。

番組では、食事の量を毎食4分の3の量にしていましたが、65歳以上の人は、やせすぎでスタミナ不足の場合が多いので、しっかり栄養をとることが大切だそうです。

2.栄養素

ミトコンドリアを増やしたり、その働きを助ける栄養素があります。

  • タウリン イカやタコ、貝類などに多く含まれる。ミトコンドリアを増やす働きがあるとされている。
  • ビタミンB群 ウナギや豚肉などに多く含まれる。ミトコンドリアATPを作り出すのを助ける働きをする。
  •  レバーなど多く含まれる。ミトコンドリアATPを作り出すのを助ける働きをする。

イカやタコ、ウナギ、レバー、あまり食べていませんでした。特に、タウリンがとれていないようなので、タコやイカをもっと食べようと思いました。タウリン配合の栄養ドリンク、土用のウナギ、レバニラいためは、やっぱり疲れやスタミナをつけるのに効くんですね!!

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)