気になる猫の本がいっぱい♪ 「にゃんこ本100選 ~猫本専門「神保町にゃんこ堂」の厳選ガイド~」

気になる猫の本がいっぱい♪ 「にゃんこ本100選 ~猫本専門「神保町にゃんこ堂」の厳選ガイド~」

これまでの人生、気が付けば、いつも猫がそばにいました。

なのに、昨年秋から今年にかけて、二匹の猫が天国へ旅立ち、20年ぶりに猫のいない生活になりました。

しばらくは、「もう猫の本なんて見たくない!」と思っていましたが、やっぱり猫好き。
いつの間にか、この本を手に取っていました。

猫本専門 神保町にゃんこ堂のニャンダフルな猫の本100選

この本、文庫本ですが、気になる猫の本がぎっしりつまっています。

内容も、写真集、エッセイ、小説、コミック、絵本、イラスト集、ノンフィクション、実用書と実に幅広いです。

猫の本のことは、私もそれなりに知っていると思っていましたが、この本に載っている本はほとんど知らない本ばかりでした。

この本は、猫本専門「神保町にゃんこ堂」のアネカワユウコさんによる厳選ガイド。

猫本専門のお店って初めて聞きました。

神保町の猫専門書店 | 神保町にゃんこ堂

東京神保町の姉川書店の中の、店の半分を占める猫本コーナーが、「神保町にゃんこ堂」なんだそうです。

店長は「リクオ」という猫(万年不在らしい)で、本を買うと表紙の絵のようなイラスト入りブックカバーがもらえるそうです。

2013年にオープンしたにゃんこ堂。

折からの出版不況で、街の本屋には新刊がなかなか入荷せず、ならば「新刊に頼らなくてもいい専門コーナーを!」と提案したのが、店主の娘さんであり、この本の著者でもあるアネカワさんで、猫好きの彼女が、国会図書館で猫の本を調べ上げ、古今東西の猫本を並べたのが始まりだったとか。

古今東西の猫の本って、膨大な数でしょうね~。

それから数年で、「猫好きホイホイ」と異名をとるほどの「猫本書店」となったというにゃんこ堂。

東京に行ったら、行ってみたいところが増えました。
「猫好きホイホイ」にひっかかってしまいそうで、怖いですが…(笑)。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)