私のパレット ~Winsor & Newtonの水彩絵具~

私のパレット ~Winsor & Newtonの水彩絵具~

ときどき聞かれるので、今日は私が使っている水彩絵具をご紹介します。

Winsor & Newton

絵具は、Winsor & Newtonの透明水彩絵具です。

初めてこの絵具を見たとき、とても色がきれいでびっくりしました。

それまでは学校で使う普通(?)の絵の具しか見たことがなかったので、当たり前かもしれませんが。

花を描くのに必要な色だけ、バラで購入しました。

私はたまにしか描かないので、グリーンなどのよく使う色以外はそれほど買い足すこともありません。

パレットで固める

絵具は、その都度チューブから出すのではなく、初めにパレットの仕切り枠に全部出して、固めて使います。

もう最初に購入してから何十年も経っていますが、今も変わらず使用できます。

他のメーカーの絵具は使ったことがないのでわかりませんが、どうせ描くなら、「きれいだなあ~」と思う絵具で描く方が、楽しいですよね。

松浦弥太郎さんの旅のお供にも(2015/12/27追記)

今日、図書館で松浦弥太郎さんの「松浦弥太郎の「男の一流品カタログ」」という本を借りてきました。

「松浦さんが探し続けてきた一流って、どんなものだろう」、とても興味がありました。

パラパラと中をみていると、車、絨毯、家具、洋服、ワインetc.などの様々な一流品が並ぶ中に、<ウィンザー&ニュートン>の水彩道具が載っていました。

松浦さんは、旅行には必ず、ウィンザー&ニュートンの水彩道具を持って行かれるそうです。

水彩道具は、太さ違いの3本の筆と、ご自分で選ばれた固形の34色の絵具。こちらは、最初から固形になっている絵具です。

そして、「旅先から友人に送るハガキの余白に、おいしかった料理や、買ったガラクタなどの絵を描いたり、時間があればじっくりと景色を描いたり」されるそう。

「ウィンザー&ニュートンの絵の具は一つひとつの色がほんとうに美しい。混ぜ合わせて色を作る必要がないのがいい。」とありますが、本当にそのとおりだと思います。

旅先でさらさらっと絵が描けたら、もっと思い出に残る旅になりそうですね。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)