ベタつかないワセリンの塗り方は?

ベタつかないワセリンの塗り方は?

ワセリンを愛用しています。

一昨年、肌の調子が悪くなってから、洗顔料や化粧水の使用をやめ、カサつくところだけワセリンを塗るようになりました。

最初はすぐに肌がカサカサになるのでは?と心配でしたが、化粧水やクリームをやめてもそれほど支障はありませんでした。

皮膚の常在菌も大事なので、あまり洗い流さない方がいいのかなと思うようになりました。

でも、ワセリンを塗ると、触ったときにベタベタするのが苦手だったのですが、最近読んだ本に良い方法が書いてありました。

<ワセリンを上手に使うコツ>

1.ごく少量を使う
 ①手の甲にマッチ棒の頭くらいのワセリンをのせ、もう片方の手の甲を使い、手の甲全体に広げる。
 ②手の甲をほお(乾燥が気になる部位)に当てる。

この方法で塗るようになってから、手も顔もベタつかなくなって快適です!

2.必要な部分のみ使う
 目のまわりや、口のまわりなど、乾燥が気になる部分のみ塗る。

これは以前からやっていました。

3.ティッシュで軽く押さえる
 それでも十分なだけのワセリンが角質層に残っている。

1の方法だと、拭き取らなくても大丈夫だと思います。

4.小さな容器に移して持ち運ぶ
 50gや100gなど大目の量で売られていることが多いので、つい多めに手に取ることが多い。
 5gぐらいの小さな容器に移すと、少しずつ使いたくなる心理が働き、無駄な量を使わずにすむ。

なるほど〜。以前、ベビーワセリンリップを使っていましたが、持ち運びやすく、少しずつ使えてよかったです。自分で小さな容器に詰め替えると便利そうですね。探してやってみようと思います。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)