西神中央駅のストリートピアノ

西神中央駅のストリートピアノ

今日、西神中央駅を通ったとき、中年の男性がピアノを弾いていました。何の曲だったか忘れましたが、ゆったりと癒やされる曲でした。

その前に通ったときは、若い男性が何やらテンポが速くて難しそうな曲を弾いていました。

駅を降りてピアノの音が聞こえると、どんな人がどんな曲を弾いているんだろう、とちょっと気になって見てしまいます。

神戸市内には、他にも何カ所かストリートピアノが設置されているそうですが、私はまだここしか通ったことがありません。

神戸各地で「ストリートピアノ」の設置が広がってる。もしかしたら思い出のピアノかもよ?|KOBE journal

身近なところに誰でも弾けるピアノがあって、弾く人も聴く人も音楽が楽しめるって、いいですよね。

ところで、この写真は2か月ぐらい前に撮ったものです。

このときはめずらしく誰もいなかったので、近くに寄ってじっくり見てみました。

西神中央駅のピアノは、「名谷あおぞら幼稚園」で使われていたものだそうです。ピアノの上には自由に書き込めるノートもありました。

せっかくだから何か弾こうかと思ったのですが、いざ弾くとなると、何を弾いていいのか全く思い浮かびませんでした。

すぐに弾けるのは、「猫踏んじゃった」と「エリーゼのために」ぐらいかな(笑)。それだって、もう何年も弾いていないので、かなり怪しいです。

こういうとき、さらっと一曲、格好良く弾けたらいいですよね。

と思って、何がいいか考えることにしましたが、まだ一向に思いつきません。

まあ幸いなことに、まだ弾くチャンスにめぐり会っていないんですけどね。

皆さまなら、何を弾かれるでしょうか?

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)