アート

Category
ポーチュラカ

猫のOrigami Jewelry (オリガミジュエリー)!

先日、朝日新聞で紹介されていた猫の折り紙ジュエリーがとても素敵だったので、ご紹介します。 記事はこちら。 (凄腕しごとにん)有沢悠河さん 5センチ折り紙でネコジュエリー、開発に730日|朝日新聞デジタル オンラインショップはこちら。 木と皮と手漉き和紙のお店 手でつくる|by 美濃手漉き和紙工房 Corsoyard 5...Read More
ユキヤナギの芽

いわたまいこさんの虫の切り絵

明日3月6日は、啓蟄ですね。 春の暖かさを感じて、冬ごもりしていた虫が外に這い出てくるころ。 今日は久々に天気も良く、虫が這い出してくるところをイメージできるような春らしい一日です。 虫といえば先日、朝日放送の「LIFE~夢のカタチ」で、いわたまいこさんという方の昆虫の切り絵を見ました。 昆虫などの小さな生き物を切り絵...Read More
小原古邨展図録

小原古邨展の図録が届きました♪

少し前に、NHKの日曜美術館で小原古邨(おはら・こそん)を知りました。 「生き物のいのちを描く~知られざる絵師 小原古邨~」|日曜美術館 海外で高い人気を博しながらも、日本ではあまり紹介されることがなかったそうですが、現在茅ヶ崎市美術館で、「原安三郎コレクション 小原古邨展 ―花と鳥のエデン―」が開催されています(会期...Read More
秋明菊

宝石で描く日本の四季 ~芦屋に工房を持つギメルのジュエリー~

昨日、何気なくめくった日経新聞の日曜版。 そこに載っていたジュエリーが素晴らしくて、目が釘付けになってしまいました。 それは、芦屋にあるギメルという工房のジュエリーでした。 美しいグリーンの宝石をちりばめた、繊細なデザインの蛙たち。 ピンクダイヤモンドなど5種の宝石が使われているはすの花。 微妙な色の変化が選び抜かれた...Read More
山田貴裕展

気になる眼差し ~山田貴裕さんの猫の絵~

たまたま見つけた山田貴裕さんの作品展のチラシ。 アップになった猫の眼差しが、どことなくうちの猫に似ていて気になっていました。 黒のボールペンだけで、こんなふうに表情豊かに描けるんですね。 期間中に行けなくて残念でしたが、ご縁があればまたいつか出会えるかな…。 Kindleの画集はこちら↓Read More
描かれた花々展

牧野富太郎の植物画を初めて見ました ~「描かれた花々」展@小磯記念美術館~

小磯記念美術館の「描かれた花々-小磯良平の植物画を中心に-」を見てきました。もっと早くに行くつもりでしたが、何とか行けて良かったです。 神戸市立小磯記念美術館 写真左の小磯良平の「薬用植物画集」は、かなり前の「薬用植物画展」に行ったときに買ったものなので、表紙の色が少し色あせています。 今回展示されていた薬用植物画は、...Read More
秋吉さんの猫の絵

秋吉由紀子さんの猫の絵を見てきました

少し前ですが、大丸神戸店で秋吉由紀子さんの猫の絵画展「猫が大好き~南仏旅行紀行~」を見てきました。 今まで書かなかったのは、最近猫のことばかり書いているので、猫のブログになってしまいそうだったからです。まあ、結局今書いているわけですが…(笑)。 秋吉さんが毎年大丸神戸店で絵画展をされているのに気づいたのは、3年前だった...Read More
大塚国際美術館

大塚国際美術館へ行ってきました♪ ~空間ごと再現した展示が素晴らしい!~

ホテルアナガのランチの後、鳴門市の大塚国際美術館へ行きました。 急に予定が決まったので、美術館のことは「陶板のレプリカの美術館で、何だかすごいらしい…。」ぐらいの乏しい知識で出かけてしまいました。 鳴門へ向かう車中で、こんな記事を見つけてびっくり! 入館料は日本一高いし展示品は全部偽物だけど大人気!大塚国際美術館の魅力...Read More
ソフィーディガール(人形)

色彩の魔術師 ソフィーディガールのマジカルワールド@阪急うめだギャラリー

一昨日、梅田の阪急でソフィーディガールの作品を見てきました。 パリのセンスが凝縮されたニット 色彩の魔術師 ソフィー・ディガール ニットの世界展 | 暮らしの劇場・うめだ阪急 ソフィーディガールは、パリのテキスタイルデザイナーで、自然素材で美しいアートのようなストールやバッグ、アクセサリーを作っています。 こちらの記事...Read More
隅野由子作品展チラシ

隅野由子作品展 ~いのち 神様がくれたその人の時間~

またまた久しぶりの投稿になってしまいました。 明日からまた寒くなるそうですが、今日は暖かな一日でしたね。 さて先日、そごう西神店で隅野由子さんの作品展を見てきました。隅野さんは、国内外で活躍されているダウン症の書道家です。同じ加古川出身の陣内智則さんからのお花も届いていました。 作品展と新刊のタイトルになっている「いの...Read More