来年の手帳が気になる頃

来年の手帳が気になる頃

毎年持ち歩く手帳は、リバティの手帳と決めています。

いつ頃使い始めたのだったか、もう記憶が定かではありませんが・・・。

そういえば、3年前にもリバティプリントについて、ブログに書いていました。
気になるリバティプリントの本|すみれの谷から

この記事には、歴代の手帳の中からいくつか並べて写真を撮っていました。忘れていた柄もあって、こうして記録しておくのも良いなあと思いました。

リバティの手帳は、毎年柄がいくつか選択できるようになっていて、その中から一番好きなものを選びます。

ときには、あまり好みでない柄ばかりのときもありますが、使い続けていると、何となく好きになってきたりします。

でも一度だけ、どうしてもこれは・・・、と思うときがあって、その年は、前年のカバーをもう一年使いました。以前、同じくリバティの手帳を愛用しているという人に出会いましたが、その人も気に入った柄をまた使ったりすると言っていました。

今年は空白の目立つこの手帳ですが、来年は素敵な予定がつまった手帳にしていきたいと思います。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)